山際千津枝公式blog


料理研究家山際千津枝の公式blogサイト
by chizue_yamagiwa
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

紫蘇(しそ)ジュース (ルビー色)

c0069247_8284773.jpg
c0069247_829570.jpg

 綺麗でしょ!そして美味しいのよ。その秘密はリンゴ酢使うからなのよ。
「赤しそジュース」
赤紫蘇の葉だけ 150g
水       1リットル
砂糖      300g
リンゴ酢    1カップ

・赤紫蘇の葉を茎からちぎり、よく洗って水気をきっておく。
 水を沸騰させて赤紫蘇を入れ、5分間煮る。
 5分経ったらこして、シソの葉をよく絞る。(手が真っ赤に染まるよ)

・ゆで汁の中に砂糖とリンゴ酢を入れ、中火にかけ10分間煮たてる。
 よく洗って清潔な瓶に詰めて冷蔵庫で保存し、好みの濃さに薄めていただく。
 水やエビアンやタンサンで薄めます。レモンやライムのクシ切りを加えるとお洒落よ。
[PR]
by chizue_yamagiwa | 2010-06-24 08:35

ラッキョウ漬けました?

c0069247_19524137.jpg
c0069247_1952597.jpg

 梅干にシソジュースにラッキョウ。忙しい季節です。
ラッキョウ作りはとっても簡単。根を切り落とす作業を除けばですが・・・
まず少し高くても奇麗なラッキョウを買いましょう。芽が出ていないのが新しいです。
小さいと面倒だし、大きいと可愛くないから大きさもお好みを探して下さい。
よくよく洗って私は根だけを切り落とします。本当に根だけですよ
深く切るとそこから酢が染み込んで柔らかくなったり酸っぱすぎたりしますよ。
1キロだったら3カップぐらいのお酢を準備します。(ビンの大きさで酢の量は変わります)
1カップの酢に対して砂糖100gと塩15gを加えてビンに入れて良く混ぜ、合わせ酢を作ります。
ラッキョウはぐらぐら沸いた湯に入れて20秒程熱を加えてザルに上げ直ぐに合わせ酢に漬けます。
唐辛子は洗って水気をとって切らずにそのまま4〜5本入れます。冷めるまで蓋はしないでね。
私はサッパリした味が好きなのでお砂糖は少なめだから好みで増減して下さいね。
作り方は色々有るけれどこれが簡単。漬けてすぐもサッパリしてますが頂けます。
[PR]
by chizue_yamagiwa | 2010-06-23 20:04

福岡銀行本店カフェファディ

c0069247_2333986.jpg
c0069247_23383975.jpg

 福岡天神の福岡銀行本店の前を歩いていると以前は気づかなかったカフェが。
階段を数段上がって近づくとカフェファディでした。セルフサービス方式のカフェで
珈琲ソフトクリームを買い、あちこちに配置されている椅子に陣取ってのんびりソフトをなめました。
まわりを見渡すと若い方からお年寄りまで、托鉢のお坊さんまでもがくつろいでいます。
もっと嬉しかったのはさりげなく配置されたブロンズ像が。
写真は佐藤忠良(さとうちゅうりょう)の「うずくまる裸婦」女優の佐藤オリエさんのお父様ですよね。
銀行は故・黒川紀章氏設計。贅沢な環境でのお茶良いですよー。
珈琲は確か150円でした。
[PR]
by chizue_yamagiwa | 2010-06-22 23:49

梅ジャム

c0069247_20281010.jpg

 市場で黄色く熟れ過ぎて安く売られている梅を見つけました。
1kg作りました。砂糖は梅の70%くらい
なり口のホシを竹串で取っておきます。
2〜3度茹でます。
(熱くなったら沸騰する前に水を変えます。青い梅は茹でる回数を増やしましょう。)
水気を切ったらホーロー等の鍋に入れてしゃもじで(熱くなければ手で)
丹念に潰して砂糖の1/3を入れて沸騰させて5分程度煮たらまた1/3の砂糖を入れて5分程煮て
残りの砂糖を入れてトロミが付いたら出来上がり。
途中、箸で種を取り出します。(冷えてから私はこっそり飴みたいにしゃぶります)
消毒した保存ビンに入れます。
甘さ酸味は好みなので少量ずつ作って。自分の分量を見つけましょう。梅の熟れ方でも甘さが違います。
滑らかなのが好きな方はどうぞ裏ごして下さい。
赤いアンズでも同じ作り方で作りました。
最初の茹で汁はバケツにとっておいて雑巾をつけて絞って乾かすと梅雑巾と言ってつや出しに使ったとか
昔の人の智恵です。
[PR]
by chizue_yamagiwa | 2010-06-20 20:51

鶏の唐揚げ

c0069247_15454625.jpg

  揚げてから1時間は経っていますが表面はパリパリです。
次の朝でもこのパリパリは続きます。
すっごく美味しい!作り方は超簡単なのに・・・さっ!
鶏モモ身1キロ  塩小さじ2/3 しょう油 大さじ1 ゴマ油 大さじ1
玉子 1個  片栗粉大さじ6  好みですりおろしニンニクかガーリックパウダーを少々加えてね。
鶏は1枚を6つか8つに切り(小さくない方が美味しいよ)
ビニール袋に入れて全ての調味料を入れて袋ごと揉んで
玉子を加えてまた軽く揉んで片栗粉を加えてまた揉んで最低1時間最長2日間おいて
揚げます。甘みが入っていないので良い色が付けば出来上がりです。
途中で一度くらいひっくり返すくらいにしてあまり触らずに揚げるのがコツよ。
[PR]
by chizue_yamagiwa | 2010-06-20 16:05

トマトサラダ

c0069247_17574628.jpg

  我が家のトマトサラダ。
この所、この食べ方というだけで直ぐに変わります。
新タマネギを薄くスライスして氷水につけて冷蔵庫で最低1時間置いて
しっかり過ぎるくらい水気を切ります。(タマネギの栄養がなんて言わないで・・)
完熟の良く冷えたトマトを食べやすく切ってお皿に盛り同じ量くらいのタマネギをこんもり乗せます。
味塩をパラパラ、レモンをギュッ。グレープシードオイルをタラーリ。(オリーブ油サラダ油何でもOK)

世の中にある調味料はほとんど使います。これは絶対使わないなんて物は有りません。
こればっかり食べると言うのももちろん有りません。民主的なんです。
(今の民主党とは関係ありません!念のため)
そうめん出汁をかけてしばらくそのまま冷やしていただく時にレモンとグレープシードオイルをちょっとというのも好きですが・・・
[PR]
by chizue_yamagiwa | 2010-06-19 18:10

究極の杏仁豆腐

c0069247_11333813.jpg

 昨日のお昼、ももちパレスに劇団民藝座の奈良岡朋子さん主演の『神戸北ホテル』を観に行きました。
入江杏子さんに時々楽屋見舞を差し上げていますが、今回はパンドーナツを作りました。
夕方は知人宅に夕食に夫と共に招かれていたのでお土産には杏仁豆腐と煮豆を作りました。
夫はカレーを作って持って行きましたが・・・
私の杏仁豆腐は簡単で美味しいですよ。
鍋に杏仁霜(きょうにんそう)大さじ4と砂糖大さじ3、ゼラチン5gをゴムベラで良く混ぜ合わせ
水1/2カップを注ぎ混ぜながら火にかけます。沸騰したらそっと牛乳500ccを加えて混ぜガラスボールに入れて冷やし固めます。(ゆるゆるに固まります。一晩置くとしっかりしますが、急ぐ場合や硬いのが好きな方はゼラチンを増やします)
スプーンですくって器に入れてシロップに漬けたクコの実を一粒のせます。
[PR]
by chizue_yamagiwa | 2010-06-13 11:56

スローステップ運動

c0069247_21235350.jpg
c0069247_2124830.jpg

 お風呂のすのこ?ではありません。
私は知らなかったのですがちまたでは踏み台を上り下りするだけの運動法があるんですって。
スローステップ運動は和歌山大学教育学部教授の体育学博士・本山貢先生の考案です。
部屋の中で上り下りするだけで運動不足が解消されるなら嬉しいです。
写真は「足つぼステップ」という商品で檜や杉の手作り品です。
緒方要さんと言う方が半分趣味でつくっているのですって。
3500円から4000円程で着払いで注文出来るそうです。(あっ!送料がかかりますね)
090−3328−9795
私はまだ眺めているだけですから体重はへりません。
ちょこっと乗ってみたら足裏が気持ちよかったです。(次は乗り降りしますったら!)
[PR]
by chizue_yamagiwa | 2010-06-11 21:34

ちらし寿司

c0069247_22301748.jpg
c0069247_22304337.jpg

 仕事先の男性から「母が里から出てくるので一緒にお食事を」とお誘いいただきましたが、
我が家の方が落ち着けるのでとお呼びしました。
80歳台とお聞きしたのでちらし寿司と高野豆腐の炊いたもの等作りました。
前日に筍(はちく)をいただいてたので、鶏と炊き合わせたのが写真です。
お寿司は合わせ酢だけ上手く作れれば成功です。
3合のご飯なら酢70cc 砂糖50g 塩 大さじに軽く1杯を混ぜればだいたい上手く行きますよ。
具はあまり濃い味に煮ないのが今風です。

上品で明るくて奇麗なお母様でした。親孝行な人は好きです。
[PR]
by chizue_yamagiwa | 2010-06-09 22:42

私の秘密

c0069247_1045160.jpg
c0069247_10452532.jpg


 秘密なんて言葉に反応して胸をときめかせた方ごめんなさいね。
これは、スイカのジュースです。
夫のスイカ(スイカ頭ってことではなく)スイカ好きです。
それを知って熊本の植木からいつも買って来て下さる友人が居ます。
息子の分もと、2個も。
彼らはこれを4〜5日で平らげるので出る皮も半端では有りません。
私は食べ残した皮(さすが最近は白い部分は残します!以前は?)
そこで私は緑の部分だけをのけてジュースにしていただきます。
赤い部分も少し残してくれるので奇麗な赤になっています。
夫は包丁で赤い部分を切り取って小さく切るフォークで食べます。
さすが歯型の付いたのを絞るのは嫌です。たとえ、いえ夫の歯型だから!
使うのは「低速ジューサー」ニコールキッドマンやヨン様も使っているとの噂。
ローフーディストたちの必需品です。この効能はボチボチと書きましょう。
この美しいくもサッパリとしたジュースを撮影後ひっくり返して泣いた私でした。
[PR]
by chizue_yamagiwa | 2010-06-05 10:57


カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧